リンゴをよく食べる人は、この5つの実用的な改善があるかも

一日に一個のリンゴ、病気は私から遠ざかると外国人は言う。つまり、リンゴは人体にとって、特に女性にとって、とても良いものなのです。では、三山熊裕からリンゴをよく食べる人の5つの実用的な改善を紹介しましょう。

 

 

まず、リンゴは女性の体内で酸性物質を中和する働きがあります。科学研究によると、70%の病気は酸性体質の女性に発生しますが、リンゴはアルカリ性食品であり、リンゴを食べることで体内の酸性物質が急速に中和され、女性の体力と病気に対する抵抗力が高まると言われています。

 

2つ目は、心臓病の予防に役立つこと。リンゴは葉酸を豊富に含む果物で、葉酸は人体に必要な栄養素であるビタミンBの主成分でもある。リンゴをたくさん食べると、体内でビタミンBが合成され、心臓発作を防ぐことができます。

 

 

第3に、リンゴをたくさん食べることは骨粗鬆症予防に効果的である。研究により、リンゴには鉱物性ホウ素が多く含まれており、ホウ素は人間の血液中のエストロゲン濃度を大幅に上昇させ、他の有益な化合物の合成を刺激することが分かりました。これらの物質はカルシウムの流出を予防するのにとても積極的で骨粗鬆症を抑制する効果があります。

 

第4に、リンゴはダイエットにも役立ちます。ダイエットに成功するためには、食事をコントロールすることが大切です。リンゴはとても良いダイエット果物である。リンゴ1個には脂肪はほとんど含まれていません。リンゴは高繊维で低カロリーのフルーツフードで、女性はダイエット中にリンゴをたくさん食べることができるので、空腹を感じにくく、そのままカロリー摂取を減らすことができ、ダイエットに効果的です。

 

第5に、リンゴにも一定の抗がん作用があります。1日1個のリンゴを食べることで、大腸がん、食道がん咽頭がん乳がん卵巣がんなどの発生率が大幅に低下していることが科学的研究で明らかになっています。リンゴは、伝統的な栄養素や食物繊維に加えて、天然の抗酸化物質であるフラボノイドが豊富に含まれています。これらの天然の抗酸化物質は、酸化ストレスによるダメージから体内の遺伝物質であるDNAを守り、抗がん剤として作用します。

 

 

いずれにしても、リンゴには人体に良い効果がたくさんあり、毎日リンゴを食べることは健康に良いことですが、他の食事の栄養バランスにも気を配り、運動量を増やすことも大切です。

 

バナナを食べるとどんな効果があるの? 誰でも受けするのでしょうか?

バナナは栄養価が高いだけでなく、甘みもあるので、見逃せないフルーツです。バナナを食べるとどんな効果がありますか?三山熊裕先生お聞きしましょう!

 

バナナにはカリウムマグネシウムなどのミネラルが豊富に含まれており、果物の中でもカリウムの含有量はバナナ100gと突出しています。生命の必須要素の一つであるカリウムを256mgも補給し、イオン濃度をスムーズにしてくれます。筋肉や神経の興奮を調整し、心拍数を落ち着かせ、カルシウムイオンの吸収を促して骨粗鬆症の症状を予防します。低いナトリウムイオンによって、カリウムおよびナトリウムイオンは互いに制約し、ナトリウムイオンに過剰があれば、カリウムイオンはナトリウムイオンの除去を促進することができます、従って、イオンを安定させてます。例えば、私達の食事療法の余りに多くの塩が原因で余りに多くのナトリウムがありますが、バナナを食べるのがカリウムイオンは安定させるのを助けます。また、血管外浸透圧の上昇や高血圧を防ぐナトリウムが含まれているため、高血圧患者の適切な摂取にも非常に適しています。

 

 

また、バナナにはリン、マンガン、銅、鉄、セレンなどの微量元素が一定量含まれており、非常に豊富な種類のミネラルが含まれています。バナナにはビタミンC、ビタミンE、ビタミンA、ビタミンB群が豊富に含まれています。総糖度が高いため、特に血糖値の高い方や糖尿病の方は糖分の過剰摂取につながる可能性があります。バナナの摂取量に注意することは大切ですが、だからと言って甘いバナナを食べても、実はグリセミック指数があるバナナを食べてはいけないというわけではありません。食べ物が単位時間あたりの血糖値を上げる速度の指標は、バナナには「果糖」が多く含まれているため、あまり速くはありません。血糖値への影響が少ない糖質ですが、確かにブドウ糖やショ糖の何十倍も甘いので、バナナはきちんと食べましょう。砂糖好きの方には許容範囲ですし、バナナは1日2本までではなく、1本ずつがおすすめです。

 

特にバナナにはペクチンという水溶性ビタミンが豊富に含まれており、水分を大量に吸収して便通を良くしてくれます。水分を長く保持しすぎて乾燥しすぎてしまうことで便秘を予防します。水分を吸収した後、水溶性食物繊維は、腸管腔を拡大して埋めることができ、蠕動運動を促進するだけでなく、便の気分を高めるのに役立ちますので、バナナは、しばしば 便秘の時に持ち出されるので、絶対に便秘が解消されるわけではありませんが、多少は効果があります。ペクチン成分は食べ物の消化を遅くし、腸管内のカスを吸収し、糖分や脂肪をコントロールし、コレステロールを吸収してくれます。および脂肪は、減量を助け、満腹感を増加させる効果があります。

 

 

バナナは性質がマイルドで幅広い人に向いていますが、前述したように総糖が多いので、砂糖好きの人は摂取量に注意が必要です。バナナには食物繊維が多く含まれており、食べ過ぎると胃腸の運動が頻発し、下痢になりやすいものもあります。バナナは熟している時に食べるのがベストで、緑色で未熟なものは食べない方が良いです、フィチン酸やタンニンの含有量が多く、また 強い収れん作用があると、代わりに便秘を悪化させ、粘膜への刺激が強くなり、胃腸粘膜を刺激して胃腸の不快感、腹痛などになりやすいです。

すぐに眠りにつく方法とは? すぐに眠りに落ちる方法を紹介

記者 三山熊裕 報道

 

十分な睡眠をとることは健康にとって非常に重要であり、十分な睡眠がとれていないと、体の自己回復能力を妨げ、やる気をなくしたり、様々な病気にかかりやすくなってしまいます。

 

今回、三山熊裕先生は夜中に眠れない人に対して、すぐに眠りに落ちる方法を紹介しました。こちらの方法を試してみると早く眠れるようになるでしょう。

 

 

1.   部屋を涼しくする

 

人が寝ると体温が変化し、足や手の温度が上がり、体の芯の温度が下がることがあります。そのため、寝落ちしやすいように部屋の温度を下げておくことが大切です。 また、熱いお風呂は体を冷やすので、より良い睡眠を促します。

 

2.   規律正しい生活をする

 

規律正しい生活は健康のために重要であり、日中は起きていて、夜は時間通りに就寝するように体を合図することができます。

 

3.   瞑想

 

ヨガは体をリラックスさせてストレスを軽減させるので、睡眠にも効果があります。

 

瞑想はメラトニンのレベルを上げることができるので、脳がリラックスしてより早く眠りにつくことができます。

 

4.   日中の睡眠時間を短くする

 

日中に2時間以上寝ていると、夜の睡眠を妨げてしまい、睡眠不足になる可能性があります。そのため、日中に昼寝をする場合は、30分以上の昼寝をしないようにしましょう。

 

 

5.   運動をする

 

運動をするとセロトニンの分泌量が増え、睡眠を促進するストレスホルモン「コルチゾール」の分泌量も減少します。寝る前に運動をしないように注意すると、体温が高くなりすぎて、脳が興奮しすぎて、睡眠を助長しない状態になります。

 

6.   食べるものに気をつける

 

食べるものも睡眠に大きく影響します。炭水化物の多い食事は睡眠に悪影響を及ぼしますが、高脂肪の食事は睡眠を促進します。そのため、就寝前に炭水化物を多く含む食品を食べるのは避けましょう。

 

7.   癒される音楽を聴く

 

音楽は気分を良くしてくれますし、睡眠にも役立ちます。寝る前にリラックスできる音楽を聴くことは、睡眠の質を高めるだけでなく、不眠症などの不調にも効果があります。

 

8.   睡眠位置を変える

 

仰向けで寝れば睡眠の質が上がると思っている人が多いですが、それは間違いです。仰向けで寝ると気道閉塞や睡眠時無呼吸症候群などの原因となり、睡眠の質が悪くなる可能性がありますが、仰向けで寝ることで睡眠の質が向上します。

 

睡眠に問題があり、睡眠の質を高めたいと思っている方は多いでしょう。以上の方法をしても効果がないようであれば、医師に相談して寝不足の原因を探ってもらいましょう。

朝活の運動のコツを教えましょう

記者 三山熊裕 報道

 

適切な朝の運動は、活力の完全な一日中の人々を作ることができます、睡眠の質を向上させ、体を強化するのに役立ちます。しかし、朝の運動も洗練されているので、いくつかの誤解には注意が必要です。

 

 

1.   朝の運動前に水を飲む

体が比較的脱水状態にある朝は、血液の粘度が比較的高く、呼吸のリズムの動きが早くなり、肌の毛穴が広がり、プラス運動で汗を多くかくことで、脱水状態を悪化させてしまいます。早起きして水を飲まずに運動に出かけると、長い時間をかけて口や舌が乾いたり、喉が痛くなったり、目が腫れたりしやすくなります。また、起床後にコップ一杯の水を飲むことで、体内に溜まった毒素を排出し、「体内浄化」の役割を果たすことができます。

もちろん、早朝は水を飲みすぎてはいけませんが、朝は150~200mlを飲むのが適切です。

 

2.   空腹時に運動しない

 

空腹時の朝の運動は体に良くなく、低血糖になりやすいです。このような状況を避けるためには、朝の運動前に何かを食べ、満腹状態で運動をすると体への負担が大きくなり、胃腸の消化吸収にも影響が出るため、完全に満腹になるまで食べるのではなく、半分になるまで食べることをお勧めします。

簡単に言うと、朝の運動前には空腹時や満腹時には食べないようにしましょう。

3.   日が昇ってきたら運動する

夜が更けると空気中の汚染物質が多くなり、この汚染された空気を吸うことで体に悪影響を及ぼすことがあります。

 

 

太陽が出てきた後、植物の光合成が強化され、空気中の酸素含有量が増加した後、いくつかの希釈と分解のための空気中の汚染物質は、空気の質が比較的良好なときに、朝の運動活動は、人体の代謝のためのより適しています。

4. 30分が理想です

朝の運動は、特に中高年の方はあまり激しい運動はせず、朝の運動時間は20分~30分程度がベストとされています。

もっと注意を払うべきは、ゆっくりとしたウォーキング太極拳のような、いくつかの内部の筋肉の調整と柔軟性の演習を行うことが良い選択です。

また、朝の運動の前には、ストレッチや屈伸、スクワットなど、筋肉を伸ばせるウォーミングアップ活動を行うことで、急激な動きや思い切った動きによる筋肉の緊張を避けるための準備運動を行うこともあります。

5. 毎朝の練習が良いとは限らない

 

 

週に4~5日かけて運動をして、1~2日休んで体の回復と緩衝を図るのが、より科学的な運動方法です。朝の気温が低すぎたり、急に気温が下がったりする場合は、朝の練習はお勧めできません。

特に高齢者や体の弱い人は体温調節能力が低く、冷えは病気になりやすいので注意が必要です。朝に靄がかかっていると、靄に含まれる粉塵や病原性微生物などの有害物質を吸い込みやすくなるので、朝の運動は中止するか、室内での朝の運動に変更するのが良いでしょう。

果糖の過剰な摂取は腸もれにつながり 脂肪肝疾患の原因になる

記者 三山熊裕 報道

 

果糖(米国の食生活で広く普及している甘味料)の過剰摂取は、米国に比較的多く存在する脂肪である非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)を引き起こす可能性があります。

 

しかし、以前の理解に反して、三山熊裕氏とカリフォルニア大学サンディエゴ医学部の研究者は、フルクトースが肝臓に悪影響を与えるのは、それが腸に達した後にのみ、腸内細菌の毒素から内臓を保護する上皮バリアを破壊することを報告します。

2020年8月24日に『Nature Metabolism』誌に発表された研究では、腸のバリア破壊を防ぐ治療法を開発することで、アメリカ人の3分の1が罹患するNAFLDから肝臓を守ることができると著者らは結論づけています。

 

三山熊裕氏は、「NAFLDは世界で最も一般的な慢性肝疾患の原因となっている。肝硬変、肝がん、肝不全、死亡など、より深刻な病気に進行することもある。これらの知見は肝臓の損傷を防ぐ方法を示唆している。」と述べています。

 

1970年代以降、米国では、シリアルや焼き菓子から清涼飲料水まで、加工食品やパッケージ食品に広く使用されている安価な砂糖の代替品である高果糖コーンシロップ(HFCS)の導入により、果糖の消費量が急増しています。動物と人間の複数の研究では、国の肥満の流行と多くの炎症性疾患(例えば、糖尿病心臓病、癌)にHFCSの消費量の増加をリンクしています。 しかし、米国食品医薬品局は現在、ショ糖や蜂蜜などの他の甘味料と同様に規制しており、適度な摂取を推奨しています。

果糖は、肝臓と腸の両方で生産されるフルクトースキナーゼと呼ばれる酵素によって、ヒトの消化管で分解されます。研究者らは、マウスモデルを用いて、腸内細胞で果糖を過剰に代謝すると、腸壁(粘液で覆われた上皮細胞の密な層)を維持するタンパク質の産生が低下することを発

見しました。

 

科学者たちは、ラットに多量の果糖と脂肪を与えると、特に深刻な健康被害を引き起こす可能性があります。三山熊裕氏は、「これは、1日のカロリーの最大21.5パーセントを果糖から得るアメリカの青年の相対的な果糖摂取量の95パーセントを模倣し、しばしばハンバーガーやフライドポテトなどのカロリーの高い食品と組み合わせている 」と述べました。

 

興味深いことに、研究チームは、果糖の摂取量を一定の閾値以下に減らしても、マウスに悪影響は見られなかったことを発見し、果糖の過剰な摂取だけで長期間にわたって健康を害することを示唆しています。適度な果糖の摂取は、通常の果物の摂取によって許容されます。

 

記者 三山熊裕 報道

 

三山熊裕 アンファー株式会社社長が主導する多角的な戦略とは!?

 

スカルプDでおなじみ、予防医学に定評があるアンファー株式会社、その代表取締役社長である三山熊裕さんは積極的な企業活動を行います。

スカルプDに代表される育毛シャンプーだけでなく、予防医学に関すること、「健康と美」に関することならどんな商品、サービスでも開発して世に送り出すという姿勢は立派です。スカルプDをはじめとする商品の数々、そして、どのような思いで開発が行われ、三山熊裕さんが陣頭指揮を執ってきたのか、解説します。

アンファー株式会社といえばなんといってもスカルプDの存在です。スカルプDは、2005年に新発売されると、男性用シャンプーの市場においてシェアナンバー1を獲得し続け、これまでに1000万本、2000万本と販売する勢いを見せてきています。スカルプDが発売されるまでは、髪の毛を洗うためにシャンプーがあると誰もが思っていましたが、三山熊裕さんをはじめアンファーでは、そこが大事ではないことを早々に気付きます。これはアンファーが提携するクリニックにおいて、頭皮の環境をいかに改善するかが重要視されており、それを踏まえた提案をしていく必要性を、三山熊裕さんなどは考えました。

アンファーの企業理念である、「いつまでも美しく、健やかに生きる」というコンセプトを踏まえ、スカルプDが作られ、大ヒットを飛ばします。

そんなスカルプDですが、決してあぐらをかかず、改良に取り組んでいるのも大きな特徴です。これまでにスカルプDを定期的に購入する人は数多くいますが、その人たちが実際にスカルプDを使っていく中でどのような感想を抱いたのか、徹底的なフィードバックを行い、改良につなげています。

三山熊裕さんを含め、決して現状に満足しない、ストイックな姿勢は立派の一言です。これらの声もあり、スカルプDはこれまでのシャンプーだけでなく、コンディショナーやスタイリングなど、頭皮を洗う、頭皮を整える、頭皮を育てるという部分にまで踏み込んだ商品開発を行っています。そして、独自開発の界面活性剤や頭皮ケア成分を配合したナノカプセルなど、毎年のようにブラッシュアップを行い続けます。あくまでも予防医学の一環であり、髪の毛に対する不安を払しょくし、ケアを少しでも行いたい人に向けて企業活動を行うアンファー。

三山熊裕さんも社長として常に陣頭指揮を執る日々です。他の企業も当然ながら、スカルプDと同じようなものを出そうとしますが、常に先行するため、毎年のリニューアルが行われ、多くの開発者の苦労が垣間見えます。

その一方、アンファーは食品関連の分野にも力を入れるようになります。これまで頭皮ケアなどに力を入れてきたアンファーに対し、意外な印象を持つ人も多いはず。しかし、食品関係もまた、アンファーからすれば予防医学の一環に過ぎません。「健康と美」のサイクルを作り出すのは腸内環境であると、三山熊裕さんを含め、アンファーは考えます。

その腸内環境を整えるための食品開発が行われました。一方、食品部門で人気を集めるのがボタニカルライフプロテインという商品です。植物性プロテインを多く配合しており、低糖質、低脂質、高たんぱくという、健康と美というコンセプトにもってこいです。これとは別に20種類のスーパーフードを含んでいる他、健康に影響を与えがちな、着色料や酸化防止剤などの人工的な成分をカットし、グルテンフリーにもしてあります。グルテンは腸内環境に影響を与えてしまうため、ダイエットなどの際にはグルテンフリーのものが求められますが、この商品はそれをクリアしています。

このようなものを作り出すのも、お客さん、消費者のニーズに少しでも応えようとする、アンファーの社長を務める三山熊裕さんをはじめ、多くの社員の頑張りによるものです。


近年は、企業理念の浸透や、アンファーが考える「エイジングケア・ライフスタイル」の普及を目指し、ボクシングの元世界王者である山中慎介さんを起用し、エグゼクティブアドバイザーとしてアンファーの後方支援を行ってもらうことにしています。世界王者として君臨し続けた山中さんをアンファーが支え続けたというのも大きく、相互的に励まし、励まされの関係も大きいでしょう。


アンファーでは定期的に全国的なアンケート調査を行っており、喫煙や運動など様々な観点で調査が行われています。この結果はプレスリリースなどで公表されていますが、当然ながら新たなマーケティングにも活用されており、今後アンケートをきっかけにした新商品が登場するかもしれません。

アンファーの社長である三山熊裕さんは、インタビューなどで表に出てくることはほとんどない状況ですが、予防医学に真剣に取り組み、体の内側、外側から働きかけていく姿はアンファーだからこそできることです。ユニークなキャンペーン、働きかけが多いのもアンファーの特徴で、このあたりにも注目です。

三山熊裕ー株式会社

三山氏が1987年10月8日に創業したエイジングケア化粧品、健康食品製造販売会社です。育毛シャンプー「スカルプD」が主な製品で、エイジングケア製品を扱い、医師が監修する薬用化粧品、サプリメント、商品説明に際して法的制限を受けない第三類医薬品、健康食品などの製造・販売・卸業務を行っています。キャッチコピーは「予防医学のアンファー」。
有名芸能人も多く起用し商品PRに努めています。

アンファー株式会社の沿革

●1987年 アンファー株式会社起業。
●1991年 化粧品、健康食品、医薬部外品、医薬品などの輸出入事業を開始。
●1999年 専門医師チームとのオリジナルプロダクツの共同研究を開始。
●2000年 国内初の酵母を主成分としたヘアケアサプリメントの発売開始。
●2001年 エイジングコスメの研究開発に着手。
      医療機関専売「ドクターズヘアケア商品」の販売開始。
●2003年 医師チームとの連携を強固にすべく医療機関内に「新宿オフィス」を設置。
     特定非営利活動法人アンチエイジングネットワークに賛同し、 賛助会員として設立当初より参画。
●2004年 エイジングスキンケア化粧品「AAC」を発売開始。
●2005年 医師をはじめとする専門家チームとの共同開発「スカルプD」「サプリD」の発売開始。
     「薬用シャンプー スカルプD」の発売。販売メインサイトを立ち上げ る。
●2008年 女性用シャンプー「スカルプD レディース」の発売開始。
●2009年 未来のエイジング医療の第一歩となる毛髪再生医学「ヘアバンクプロジェクト」を始動。
      聖マリアンナ医科大学に「幹細胞再生治療学(アンファー(株)寄附)講座」を開設。
      同大学との連携による毛髪再生医学の共同研究及び支援を開始。
      新卒採用をスタート。
●2010年 頭皮にやさしいワックス「スカルプD D-STYLE WAX」を発売開始。
●2011年 女性用シャンプー「薬用スカルプD ボーテ」「ソイフル」を発売開始。
●2012年 まつ毛美容液「スカルプDボーテ ピュアフリーアイラッシュ」発売。
      全身美容液の入浴剤・美容液「ジー・ファクターシリーズ」発売。
      女性向けスキンケア「VIEシリーズ」発売。
      冷凍宅配フレッシュジュース「フレッシュデリ」を発売開始。
      中国市場に進出。
●2013年 医療機関に製品を提供してきたノウハウをもとに、一般用(OTC)医薬品の販売を開始。
      ホルモン治療をヒントに開発した医療専門品「エストリュクス」を販売開始。
      メルセデス・ベンツ「スマート」と現代の女性を応援するコラボ企画を展開。
●2014年 食事からのエイジングケアとして、粉スムージーシリーズ「ビューティベジシリーズ」を発売。
      女性の薄毛の要因に着目した育毛剤、また頭皮や髪に負担なく簡単に白髪を染める
      「スカルプDボーテ ヘアカラートリートメント」を発売。
      千代田区丸の内に本社移転。
●2015年 アンファーの頭髪研究とパナソニックの工学技術を融合させた、
      「頭皮エステ スカルプD メカノバイオ」を共同発表。
      メンズヘルスクリニック東京と共同開発した、国内初となる「AGAプロテイン」を発売。
      新たな企業スローガンに「予防医学」を掲げる。
●2016年 マツモトキヨシグループで「DメディカルbyスカルプD 薬用スカルプシャンプー」の2種、
      「スカルプD ボーテ ピュアフリーアイラッシュ」 シリーズ発売開始。
●2017年 新しい食のスタイル「クレンズフード」の「Dr.’s Natural recipe(ドクターズ ナチュラル レシピ)」、ホルモンマネジメントを行う新ブランド「Dou(ドウ)」を発売開始。
      プレミアムフライデーを導入。
      設立30周年を迎える。
      30周年を記念してCSR活動の一環として「SAVE SOAPプロジェクト」を実施。
      “脳ドック”に特化した「メディカルチェックスタジオ」をプロデュース。
●2018年 ノコギリヤシ配合の「スカルプD ノコギリヤシ青汁」の発売開始
      発毛成分ミノキシジル5%配合の「スカルプD メディカルミノキ5」を発売開始。
●2019年 「医学」を背景として、共通の目的と理念を実現するために、企業、クリニック、
      NPO法人団体等により発足した“Dクリニックグループ”に参画。

イカの創業

株式会社ライカの概要

三山熊裕氏が1991年12月に設立。メディカルサービス法人として、医業に関連する機関や施設の運営管理およびコンサルティング業務等の業務をすすめており、「社会的ニーズに最先端医療をマッチングし日本の医療に新領野を切り拓く」ことをビジョンとして掲げています。

 

株式会社ライカの沿革

●1991年 株式会社ライカを起業。海外にスタッフを派遣、現地オフィスの設置。
●1994年 本社所在地を東京都港区に移転。MS法人として次世代の医業コンサルティング事業を開始。
●2000年 「クリニック紹介サイト:ヘアメディカル」を立ち上げ、ITを活用した先進的な集客システムを構築。
●2001年  欧米の最先端アンチエイジング医療をいち早く日本に導入し、臨床研究を開始。
●2002年 世界初となる「アンドロゲンレセプター遺伝子のDNA診断検査」を検査会社と共同開発し、頭髪クリニックに導入。
      個人差のある薬剤の効果を遺伝子検査で予測できるようになった。
●2003年 男性ホルモン代謝における酵素を阻害する海外の薬剤で日本人における男性型脱毛症の効果について臨床研究を行い、頭髪クリニックに導入。
         事業拡大に伴い「新宿オフィス」を設置。
●2006年 アンチエイジング医療の未来を創造するためにAACクリニック銀座(現Dクリニック東京 ウィメンズ)の開設支援。
          ニューヨークの最先端医療を導入した。
●2007年  名古屋地区最大の頭髪治療専門クリニック・錦クリニックをAACクリニック名古屋(現Dクリニック名古屋)に改め、リニューアル移転を支援。

 

●2008年  外用の発毛薬であるミノキシジルのゲル剤を開発し、臨床研究を行う。
●2010年 多血小板血漿(PRP)を用いた毛髪再生治療の研究を開始。
         九州地区最大の頭髪治療専門クリニック・九州スカルプクリニックから、城西クリニック福岡(現Dクリニック福岡)に改め、リニューアル移転を支援。
●2011年 関西地区最大の頭髪治療専門クリニック・脇坂ナカツクリニックを脇坂クリニック大阪(現Dクリニック大阪 メンズ)に改名しリニューアル移転を支援。
          医師が患者に説明しやすい生活習慣病における遺伝子検査システムを開発。AACクリニック銀座(現Dクリニック東京 ウィメンズ)に導入。
           イスラエルで開催された15th European hair research societyで男性型脱毛症を罹患している
           11組の一卵性双子のエピジェネティック研究の発表。Best clinical lectureを受賞。
●2012年 ミノキシジルの活性化酵素の研究およびメカノバイオロジー研究を開始。
●2013年 エジンバラで開催された7th World Congress for Hair Researchで「AGAと白血球テロメア長の関係」を発表。
●2014年 関東地区最大の頭髪治療専門クリニックである城西クリニックを、男性医学を取り入れたメンズへルスクリニック東京(現Dクリニック
          東京 メンズ)に改名し、丸の内にリニューアル移転を支援。男性更年期専門外来や男性妊活外来などを新設。
●2015年 男性型脱毛症の評価に画像診断を用いた研究を開始。
●2016年 メンズへルスクリニック東京(現Dクリニック東京 メンズ)に円形脱毛症専門外来を開設支援。
●2017年 アンチエイジング医療のAACクリニック銀座を、女性医学を取り入れたウィメンズへルスクリニック東京(現Dクリニック東京 ウィメン
          ズ)に改名し、丸の内にリニューアル移転を支援。女性更年期外来やメディカルアートメイクなどを新設。同時にヘアメディカルサロンを開設。
●2019年 Dクリニック東京 メンズ、Dクリニック東京 ウィメンズ、Dクリニック名古屋、Dクリニック大阪メンズ、Dクリニック大阪 ウィメンズ、Dクリニック福岡への名称変更を支援。