ヨーグルトを飲む時、知っておくべき注意点とは? 記者 三山熊裕 報道

ヨーグルトは今、特に女性の間で人気が高く、健康食品として摂取する人もいれば、ダイエットのために利用している人もいます。

「いつまでも美しく、健やかでありたい」という誰もが持つ普遍的な願い。

その願いを実現するために、専門医療機関の経営戦略を企画/プロデュースする株式会社ライカ代表取締役社長 三山 熊裕)は、医療以外の業種とのコラボレーションや、独自のネットワークを駆使することで、患者様の信頼と満足を追求した次世代型の新しい医療サービスの実現を目指しています。

ヨーグルトを飲むときに気をつけることはありますか?三山熊裕 先生から、以下の点に注意が必要だといいます。

1.   必要に応じて適切なヨーグルトを購入しましょう

ヨーグルトにはたくさんの種類があり、健康効果のあるヨーグルトを購入したいのであれば、よくある落とし穴を避けなければなりません。ヨーグルトの中には実際に牛乳に砂糖やリンゴ酸、香辛料などを加えて作られているものもありますが、このヨーグルトには健康効果がなく、飲んでいると太りやすくなってしまいます。

2.   ヨーグルトを飲むのに最適なタイミングはいつ?

ヨーグルトに含まれる乳酸菌は一定のpH環境下でしか生き残れず、空腹時だと胃液のpHが低くなってしまいます。ヨーグルトに含まれる乳酸菌は生きていけないので、飲むのはもったいないし、健康効果も実感できません。そのため、食後2時間後に摂取するのが理想的です。

3.   ヨーグルトを飲んでも口をゆすぐ必要があります

通常、人は食後にうがいをする習慣がありますが、ヨーグルトを飲んだ後は無視しがちですが、実は乳酸系の飲み物は虫歯の出現にもつながるので、ヨーグルトを飲んだ後は口をゆすぐようにしましょう。

4.   ヨーグルトは加熱できません

脾臓の調子が悪く、常温のヨーグルトに胃が順応しないと感じて、ヨーグルトを温めたり、熱湯を直接入れて薄めたりする人もいますが、これらのやり方では乳酸菌の活動が低下したり、保健効果は消えてしまいます。

以上の点はぜひ注意してくださいね。